スーパーガール 超女の愛の巣 あとがき

すーぱーが−る ちょうじょのあいのす――あとがき


ショートショート スーパーガール(スパガ)もの お手軽なポルノグラフィだよ、その小品。特殊官能小説の一編で一片。阿呆やねえ、バカだねえ・・・・・・
たわいもない思いつき。思いついては消えてゆく妄想の類、戯れ。前に書き散らしたメモ書きに少々手を入れて完成。
現実感は何も無いフィクションあるわけない。荒唐無稽、空想幻想妄想、妄想の産物。うたかたの妄念夢想の固定化。
脳の中に、先人の創った数々の先行作品のイメージなりテキストなりを入れたら出てくる としか言いようがない。

幻想・幻影・幻術のたぐい。妄念・妄執・妄想の産物。とある綴り方。
よく言えば 創造性の一端。わるく言えば悪念悪心の一種。邪念邪想はよろしくない。
らりらりヤク中ヒロインの妄想にも見えるよう設計。どっちでも、どうとでもとれるように。小説・散文とはテキスト化されたオブジェだよ。


先達はあらまほしきもの 以下、二名を紹介。

先行作品は 菊地御大の『闇に淫笑え 魔界都市報告書』 1992年11月 光文社初刊 光文社文庫1995年 一人称語りのエロチックな短編集、ちょっと特殊。「超伝奇バイオレンス小説」 妙にパワフルな奇想の世界。魔人怪人が跳梁跋扈の異世界を描くのが得意な作家。一人称語りも得意とされる。作品数多数。全盛期には新書・文庫一冊程度の長編小説を月刊で執筆できたほど多作。体力筆力ともすごい。
長者番付に載るほど売れて、うらやましいですな。大衆文学は売れてナンボの実力主義です。


ヒロイン・モノローグ一人称語りで有名なポルノ官能小説の大家といえば(平成世代は知らないかな)、

宇能鴻一郎(ペンネーム 本名は「鵜野 廣澄(うの ひろずみ)。下の名前を音読みした「ウノコウチョウ」をもじった」Wikipediaより 1934年7月25日生まれ ご存命らしい)御大の「ヒロインのモノローグ」おバカ官能小説の雰囲気も少々投入のつもりです。
「鎌倉を自宅とし、軽井沢にも別邸を持ち、横浜市金沢八景の敷地600坪の洋館で老秘書を従え、社交ダンスのパーティを開くなどの貴族的な暮らしぶりが伝えられる。[1]」 ってマジかよ。かっこいいなー
芥川賞受賞者で大衆文学に転身して成功した東大出身のインテリ文士。ウィキペディア情報によれば満州で過酷な体験があったもよう。全裸のまま給仕をさせられたことがあるという まじか。

今作・小作品の元ネタは 菊地秀行 と 宇能鴻一郎 です。


あと、「厄日」「第三次世界大戦」はアクション映画の名作傑作『コマンドー』 平田勝茂 映画翻訳家によるセンスの良すぎる日本語訳で有名 のセリフを下敷きに。


そういや、『コマンドー』から、連想で思い出したけど、「ランボーコマンドー天気予報」 (「ヤンマー天気予報」のパロディ MADビデオ)という動画がある。
うーんと昔にこのMAD映像が存在することを知り、長らく 見てみたいなーと思っていたところ、近年に某動画サイト辺りで初閲覧。
うーん、期待値を上げすぎた。まあいまいち、ごめんなさい、作るのは大変であることは知っているのに。素人のパロディソング的な。宴会芸的な。

「ボクの名まえはランボー どかーん!! ボクの名まえはコマンドー ちゅどーん!!」 という お約束 こういう音声だったのかあ。脳内で想像していた「勝手に期待した脳内映像・音声」とは違っていた。(作者たちが当方の期待に応える義理も必然性も無いことですが しかも制作時点は戦後昭和末)
当方の視聴したバージョンでは1分半ほどの映像と音声。戦後昭和末のアナログなビデオ編集。
洋画・TVアニメと天気予報とをごた混ぜにしたパロディ動画。
ブラックジョークで非常に寒いなあ・・・笑いには合う合わないがあるからね。平和な戦後日本にすらディストピアがいくつか顕在化してしまった 日本の自称・保守本流が持っていたとされるリアリズムがボロボロになってしまった、今となれば、笑えない、という。
古い映像には 時代の空気感 はあるかな。
MADなのだから、意図して「狂気」である。
暴力と破壊と殺戮への憧れ という、オタクの暗い情念があるように見える。(表出された部分しか判らないので、内心は見えませんが 制作の動機は作者が語らぬかぎりまあ不明 また作者本人も解ってない可能性も)


以下つい余談を書くのですが、以下はリアルワールドに関するつれづれ。コラム エッセイ (日誌的)記録

アンダーグラウンドでのみ社会の地下で邪悪なる狂人を演じていたはずが、現実世界で「日本をぶっ壊す」狂人の行いが噴出・頻出しているので、それで笑えない。戦後日本の黄金時代・全盛期・絶頂期は、とうに通り過ぎた。再生産と(各方面での)教育を怠りまくったので没落衰退はほぼ確定コースです。

(リアルワールドの話を出すのは申し訳ないけど 大東芝をはじめ名だたる日本の大企業が討ち死に、解体され。日本社会から選抜された本物のエース、かつての「経済一流」のエンジンが脱落している ところで、経済成長するためには、死ぬ企業より生まれる企業や産業のほうが多くないとあかんのやで、死ぬ企業や産業の方が多いって事は、ダメって事です。南無。) 

各分野・各産業・各方面で社会破壊が諸々進行中の、ブラックジョークが笑いでは無くなった国に住んでいる なので笑えない。

(社会主義とは違って、資本主義では企業や産業を新陳代謝をする仕組みがあるとされ。株式市場での資金調達 と、銀行金融機関による貸付け・融資なのですが、平成日本の30年間ではこれらが有効に機能しなかったという事です。

以下、バイネームで書きますが、日本国の政府行政官僚機構と政権与党内閣は公金国庫のヒト・モノ・カネを握る権力・為政者やで。マクロ経済政策・内政に失敗した。

財務省の緊縮政策 と、(「財政再建」ってよくよく考えるとすごく阿呆におもえる 超極端な想定ですが、仮に日本国民が一人だけにまで人口減少したならば、借りる側と貸す側が同一、また、日本国内のモノや土地が国有地・国有資産とも言える一人政府状態ですから、「財政再建」達成です。しかしこれでは滅亡寸前状態ですから、財政再建の目標は本末転倒 
緊縮政策はしいて言うと通貨円を高めにする円高政策といえそう 円高には一長一短あり 輸入は安く輸出は不利  
緊縮政策は被害が巨大な人災!!!! デフレ・スパイラル 地方・末端から痛んで倒れる 荒廃は目下のとおり 超少子高齢化の遠因 肥料も水もやらずに農業の感 焼畑農業の感 あるいは乱獲の感 資源維持に失敗 涸渇)

経産省の「選択と集中」という題目の産業育成 テキトウ恣意的縁故的な バカなケインズ政策 とによって敗れた イキッた秀才官僚が近代日本を滅亡に導くのは二回目です。一国を指導するエリートだけあって破壊力抜群。

経産省のケインズ政策ですが、秀才官僚という凡人がテキトウ恣意的縁故的にキワモノ案件を選ぶのですから、成功率低いです。官僚は秀才であって天才じゃない。
穴掘って埋める散財にもケインズ政策的には意味ありとおっしゃる方もいるかもですが、散財は資源リソースの投入間違い浪費を意味する。有効ではない。

百年単位で長期間使う道路・鉄道・空港・港湾や防災減災インフラ等の公共財に投入するほうが有効です。
医療・福祉・教育・文化は一国の底上げにつながる国民住民の幸福の基礎基盤。公共部門。(官需、社会主義部門)

一時のイベント運動会・文化祭・展示場の跡地に廃虚作ってどうする。日本の高度成長期の頂点、1970年大阪万博の建物のほとんどがスクラップに。かなりのカネをかけましたが、太陽の塔と鉄鋼館以外はほぼ残らない。(パビリオンの多くは六ヶ月間の会期のみの使用) 大屋根解体。恒久的使用を考えて作った建築物も残らない。エキスポタワーは解体に。エキスポランドも更地に。国立国際美術館と万博博ホールも解体。残念、無念すぎる。メンテナンスの弱さ、老朽化が主な解体理由。

バブル真っ盛りカネ余り好景気の頂点、1990年の大阪花博も似たようなその後。「いのちの塔」ってご存知かしら。現存するも微妙な状態。国策級の博覧会はですね、協会・機構は経産省財務省他の中央官僚の天下り先で、エライお役人さまの私腹のためにカネをとるのが優先、メンテナンスが弱い。悪党やな。盗賊団的。

天下りシステムは日本のエライ人お役人的な地位にある人たちが概ね全員やっている事。民も含めて。合法化された収賄ともいえる構造。資金をプールして私財にする。本音では公よりも私。そんな国、発展するワケないやん。没落は必至であった。

両万博の会場跡地ですが、まあ公園です。官の散財の後に、野となる山となる、草木深し、山河に帰すのは、戦後日本国を運命を示唆するものであり、興味深いです。鳥や獣や虫の棲み家やな。『未来少年コナン』か『風の谷のナウシカ』か『天空の城ラピュタ』か。天才国民アニメーション作家宮崎駿の幻想夢想に近づいてきた。

経済産業省(昔は通産省、戦前には 軍需省 商工省 という名で、官界の中では後発、当時は有力官庁では無かった)と、
長期政権与党の自由民主党(結党以来約50年程度の歴史しかない元国民政党で現親米政党。「行き過ぎた自由」「行き過ぎた個人主義」が嫌いという 「リベラル・デモクラティック・パーティー」 その自由リベラル!!の名は僭称である しいて言うとネオリベ新自由主義を好む あの竹中平蔵を何度も何度も重用!! 財界のご期待に応えて外国人労働者をより入れることに デフレ脱却せえへんやん) が破壊し続けてきた。

経産省 財務省 自由民主党(結党約50年戦後生まれ一政党であり永遠じゃない) 財界 あたりの省益・私益・企業利益等々を優先で、公共・公共財を痛め続けた結果、国が傾いた。近代国家としてはすでに一線を越えている。公文書改ざんとか有り得ないからね! 本来は。

平成日本東京の統治権力為政者ですが、マクロ経済には弱かった。(共産主義が看板の)中共中国の方が企業・産業育成には上手かったという、すさまじい皮肉です。負けるべくして負ける。政治学では政治は結果がすべて。南無。

「アベノミクス」「三本の矢」「新三本の矢」「成長戦略」等々なんやったけ? 「デフレ脱却」「物価2%」「所得なんやら」

「経産省内閣」は宣伝だけは、あのナチスドイツ(国家社会主義ドイツ労働者党)の宣伝省並みにうまいんだよな。電通が活躍なん。NHKと読売新聞とが特によく協力、両者とも政治部が主導かな。

この「経産省内閣」と、銀行金融機関あたり平成日本財界のオッサン(オバサン)「上級国民」が、ウソばっかりついているんだよな です。こんなに日本の自称保守が嘘つきでデタラメで恥知らずだとは予想だにしなかった、旧日本陸海軍「大本営発表」の再現ですが。ウソつき誤報・誤発表・誤魔化し。自称愛国が国を亡ぼすのは二回目。

株価は「官製相場」です。ロイターや日経新聞に記事があったはず。年金資金 農林中金 日銀等々の巨額資金が株を買う まあ合法的な仕組み。これ、やりすぎると、市場の機能を歪めるのですが。特に日銀は国内唯一の通貨発行の中央銀行で原理上は刷って何でも買えますからね。大手民間銀行を筆頭にその他の金融機関とは、わざわざ分けてあるのはマクロ経済政策を行う機関だから。
仮に国内企業の株を日銀が全部買った場合は、東証上場企業の国有化を意味する。社会主義ですよ。旧ソ連と同じ。

市場の機能を発揮すべく、「株式市場」という仕組みを創設しているわけなんですけど。資本主義の経験則。その意味がなくなる。

大学新卒者の就職市場の回復は、超少子高齢化なんやから当たりまえやん。団塊世代が引退したから、その分、新卒を採っている。
日本語と日本文化生活慣習とに知悉する労働者人口ですが、今後数十年ぶっ続けで減りっぱなしです。増えることはない。
育てない、労働者を大事にしない行政府与党なんだから、増えないよ。外国人労働力は一時的なカンフル剤でしょう。
外国人労働者の方々ですが、仮に円安が長期化した場合は、来ません。出稼ぎですので。日本企業雇用主の悪条件ブラックぶりが知られたら、来日しなくなるんじゃないの。個人的には、労働市場での競争激化で、労働雇用の条件が悪くなる政策なので、やめてほしい、ネオリベ・グローバル化。

実質的移民政策・外国人労働者の受入れを拡大する法案が国会を通りましたがね。一般国民に対してすっげえドSな自称愛国。日本ファーストならぬ アメリカ・ファーストの 親米政権のおそろしさ ですよ。

水道民営化の道を可能にしたのもおかしな話。民営化しても独占事業で競争原理が機能しない。なんで海外企業に便宜をはかるのだろうか? まあ・・・売国奴という。

ところで、対米従属って外交交渉ゲーム的に不利だとおもうのですが。相見積もりが無い状態に等しい。実質装飾の「商品」を言い値で買わされる。世界史人類史の一般論として、帝国は収奪の機構。

米国政府は常にマジでアメリカ・ファーストです。米国市民有権者納税者のカネで運営している「小さな政府主義」が建国以来の国是の政府機関なのだから、あたりまえ。

規制緩和ネオリベ政策まだやんの? 弊害が相当に知られ、スキーバス事故ほかツアーバス事故頻発、労働環境の悪化、生産性も下がる、マクロ経済でも悪影響、国運国勢が傾いた原因なのに。
規制緩和、派遣の拡大等による結果は、日本の工業製品の自慢であった品質が低下。人を育てない、操業がブラック化、かつての「日本式経営」の良さ・長所を失った。


日本の宗教右派・自称保守の思想の根幹は(東西冷戦の置き土産の)反共思想のみで、学術性に欠ける、知の軽視が酷い。
脳まで筋肉、精神主義、悪い意味での体育会系だ。コンサルタントあたりの非合理言説オカルトに顕著な「スピった根拠レスなトンデモ自己啓発への耽溺」は特徴。社会を率いるエリートが「普通」の感覚で「大衆」レベルで舵取りしたら「バカ」になって負ける。
この敗戦パターンは、先の戦争に続き、二回目です。一度目は悲劇、二度目は喜劇かもしれない。

非合理やオカルトが許されるのは芸術分野だけやで。芸術では狂気を発露しても大丈夫、なぜなら芸術の世界は創作物でありフィクション架空だからね。
現実の世界では 芸術やったらあかんで



【追記 2018.12.31】 これでも中立的中間的に、一感想一所見を書いているつもりなんですけど。
ただし!原理的に全て知る事ができない地上の人間には「神の視点」は無いからね。
限定された生を生きる人間知性には、ありとあらゆることを知るってことは出来ない。

ただ、すべてを知ることができないとはいえ、戦後平成日本の平均的日本人の一般教養はひどいものだと思います。知らないから「デフレ選好」「緊縮政策を志向」「財政再建に拘泥」ほか色々と間違ってしまった、という結果が出た。

日本人の大多数に影響を与える、おもにテレビに出てくるような知識人の右から左まで、そのおおくが間違えた。失敗、取り返しがつかない。覆水盆に返らず 

政治思想イデオロギーの話題は面倒 と、日本では一般通俗に知られる。理由のひとつとしては、おおくの論題が「神学論争」になるから。政治系経済系論客ときたら「正義と真理の人たち」ばかりだ。無敵の矛が飛び交っている状態。よーく観察すれば、それらの言は変節変遷し、矛盾は頻発ですがね、神ならぬ人間だから ねえ。

無責任で醜悪な煽動合戦であり、言語・言葉を用いる「戦争」である。現代社会で不可避の表出現象ですけど、好きじゃない。
超短期的な人心誘導のために、使い捨てられる言葉の山がひどい。残骸だ。プロパガンダ宣伝の遺跡、ネット上にも散見されるしょう。撒き散らされた日本語の廃虚。平成日本の30年間に起きたことは社会破壊を好む自称保守宗教右派勢力による「文化大革命」である。アホやって負けた バカになって沈んだ 
前近代への先祖帰り と 現実主義リアリズムの喪失・放棄 と 知の軽視(西洋近代を蔑視軽視 歴史修正主義・捏造をする ウソをつく) です。政官財ほか各方面で非合理トンデモ精神主義オカルトに占拠されてしまった。


「政治 宗教 野球の話は避ける」という戦後日本国の俗世間に顕著な、謎の世間知が興味深い。誰がどういう人たちが確立させたんだろう? その昔はどうだったんだろう? 明治時代前半とか政治の話題は派手に行ってそうなんだけど。維新の直後だからねえ。太政官政府であった。自由民権運動。集会には解散命令の弾圧、新聞出版には検閲の言論統制。

明治維新は「上からの近代化」、第二次大戦敗戦後にGHQ連合国おもにアメリカ合衆国による「上からの民主化」で、棚ぼた状態、僥倖。それまでは婦人参政権すら無い後進の地。
日本人の大多数マジョリティが、自分たちで自発的に獲得した近代と民主主義の自由および諸権利じゃないので、失うのも、まあむべなるかな。

後進、前近代非合理でも「経済戦争」で勝てるんなら百歩譲って……いや、負けてるし。敗因の主因。

日本現代史では「逆コース」という、これもアメリカ合衆国による東西冷戦の置き土産である、戦後日本社会では、反共政策が強烈に効きすぎて破滅した。反共思想は馬鹿トンデモだらけ。とてつもない頭の悪さ。馬鹿ぞろい過ぎて驚愕。自爆と自滅。後世の歴史家がこれらの愚行をまとめて欲しい。以上 かたい話。

だいたい秋頃に書き上げ。クリスマスに公開。(文、あとがき 微調整するかもです) 18/12/28 改行位置等調整・文小加筆 12/31 「一人称語りは得意とされる作家」は重複的表現なので変更、校正、加筆。


2018.12
ひんみり

text index

スーパーガール 超女の愛の巣

top